時代とともに進化したハイヤーの新たな役割

これまでのハイヤーはどちらかというと、日本人にとって快適なサービスを提供すべく努力してきました。もちろん、日本人にとって快適なサービスを充実させていくことは重要な企業努力ですが、それだけでは不充分であり、将来的にはグローバル化を見越して新たなニーズを開拓していくことが急務であると言われています。

わかりやすいニーズとして挙げられるのは、外国人ユーザーへの対応です。観光目的で日本を訪れる外国人には公共交通機関以外の手段はなく、より効率的な観光のためにあらかじめハイヤーなどをチャーターするケースが増えてきています。このようなニーズにいち早く目をつけた国内の営業所は、外国人向けのサービスを拡充し、運転手のガイドスキルを徹底的に改善して利用の裾野を広げようとしています。言語スキルの向上だけでなく、日本の歴史、文化、伝統などを分かりやすく説明したり、日本人でさえも気付かない穴場スポットを効率よくガイドできるスキルを向上させることにも力を入れています。

旅行中の快適さだけではありません。これからの営業所は英語からフランス語、中国語から韓国語まで、幅広い言語に対応していく必要があります。ここで重要なのは、これらのサービスは日本人にとって無縁なものではないということです。外国人にとって使いやすいと思われるサービスは、日本人にとっても役に立つサービスでなければなりません。外国人向けの充実したサービスを提供している営業所は、ユーザーの細かいニーズをとらえているため日本国内でも非常に便利なサービスを提供しユーザーを常に満足させることができます。

高齢化により、高齢者でも安全に利用できるバリアフリーハイヤーが増えています。一般的なタクシーでは乗り降りが困難な人でも、バリアフリー車であれば足腰に負担をかけずに旅行を楽しむことができます。バリアフリー車にはいくつかの種類があります。脚の弱いお年寄りを想定したノンステップ車から、車椅子ごと載ることができる車種もあります。ノンステップ、リフトタイプどちらもウェブサイトから予約することができますが、車椅子の種類によっては乗ることができない場合もありますので、事前に営業所のほうに確認しておくことをおすすめします。

対応エリアの狭さもまた大きな課題です。バリアフリー車を用意している営業所そのものがまったくないこともめずらしくはなく、そのような地域に移動する際は移動手段がかぎられてしまいます。バリアフリーのハイヤーは、お年寄りや障害のある方にとってきわめて便利な交通手段です。