人数と目的で考えるハイヤーのかしこい使い方

ハイヤーはビジネスだけでなく、長距離の旅行を充分に楽しむために念頭に置いておきたい選択肢のひとつです。事実、ハイヤーは旅行などのプライベートな面でも非常に便利なサービスとして知られており、旅行先での移動手段として重宝されています。ネットで予約することも可能で、時間をかけず簡単に車を確保できることも大きなメリットです。

事前に車種を指定して予約することもできます。選択する車のサイズは、旅行に参加する人数によって調整する必要があります。一般的な目安として、運転手を除いて4人までが普通サイズの車に無理なく乗れるラインであると言われています。そのラインを超えた人数で予約する際には、ワゴンタイプまたはバンタイプを選択する必要があります。営業所そのものは全国各地にありますが、会社によって用意されている車種が異なりますので、予約時にしっかりと確認しましょう。大型車を用意していない場合もありますので、大人数での旅行の場合は、ワゴンタイプを所有している営業所を調べてみましょう。

また、旅行中に荷物が増加する可能性があるので、その点を考慮して車を選ぶことも大切です。目安として、卒業旅行などの場合、1台のワンボックスを選択するユーザーが多く、それ以上の規模の移動になると営業所のほうでワゴンタイプを推奨するケースもあります。4人以上の旅行の場合は中型車をお勧めします。キャンプや卒業旅行などで荷物が増えた場合は、少し大きめのバンタイプ、ワゴンタイプ、ワンボックスカーなどのハイヤーが便利です。

ハイヤーは少人数で利用するいうイメージがあるかもしれませんが、ここ数年は営業所のほうも裾野を広げており、5人以上の旅行などにも対応できるサービスを充実させています。料金面でも、まとまった人数で車をチャーターするほど結果的には割安になりますので、そうした細かいテクニックも覚えておきましょう。

車種が大きくなるほどコスト問題が心配になるかもしれませんが、割り勘にしてしまえば計算しやすくなり、その後もトラブルを避けることにつながります。10人以上の旅行の場合は、参加者の人数でコストを分割すると、1人あたりの負担を軽減することができます。予期せぬトラブルが発生しないように、料金の負担についてメンバーに事前に相談しておくことも大切です。

人数に合った車の種類がわからず、おおよそのコストが計算しにくい場合は、一度ウェブサイトの料金シミュレーションシステムを利用してみるのも良いでしょう。