知っておくと楽しくなるハイヤートリビア

ここでは知っておくと楽しい、ハイヤーとタクシーの歴史についてお伝えしていきます。日本国内でタクシーが本格的に普及したのは大正時代、1910年頃だと言われています。その後、電車やバス以上に利便性の高い移動手段として短期間のうちに定着し、国民の足として利用されるようになりました。料金面でも改良が進み、1円でどこでも行ける1円タクシーや、神風タクシーなど、タクシーを由来とするさまざまな言葉が生み出されました。

タクシーが本格的に普及するにつれて、より高級感のあるハイヤーの需要が高まっていくことになります。ただ、ハイヤーはタクシーの高級版というだけではなく、社会的ステータスの高い層にふさわしい高級感と重厚感という付加価値を演出する移動手段としての進化と発展を遂げ、やがて社会人のあこがれとして認識されるようになりました。もともとは高級感を売りにしていましたが、最近では各社ともにリーズナブルな価格のサービスを打ち出し、一般レベルでも利用者の裾野が広がるように企業努力を積み重ねています。シニア向け、学生向けなど、ターゲットをピンポイントに絞った便利なサービスも充実していますので、敷居が高いと感じずに、ぜひ一度ウェブサイトだけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

サービスが年々リーズナブルになり、利用者の裾野が格段に広まってきたとはいえ、車をチャーターするというのは一般レベルではまだまだ特別なことであり、よほどのイベントでないかぎりタクシーで間に合わせてしまうという方が一般的です。日本では、車をチャーターできるのは特別なステータスをもっている人、というイメージがあり、たとえば会社の役員や会長などの職に就いていなければ利用することさえ難しい、という社会通念が広まっているようです。

こうしたイメージは映画やドラマに寄って形づくられたものであると考えられますが、もちろん実際には限られた人のための移動手段などではなく、一般の人でも手軽に利用できるサービスとして普及してきた経緯があります。

営業所のほうも利用者をさらに増やすべく、シニア層でも安心して乗り降りしやすいユニバーサルサービスや、学生にうれしい団体割引サービスなど、これまで以上に幅広い年齢層に使ってもらうための企業努力を展開しています。ビジネスはもちろんのこと、観光や卒業旅行など、ちょっとしたイベントにも安心して利用できるハイヤーをぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。